2005年12月14日

ノスタルジックなテレマーク

 私の愛用のテレマークブーツはスカルパローガンである。
ローガン
 すでに絶版となっ2バックルでハイカットな革靴である。今やどのメーカーでもこのようなブーツは現役で作られていない。需要が減っていることもあるが、なんと言ってもコスト高であることが一番の理由であろう。最新のプラブーツもこのローガンに勝るとも劣らない価格だが、毎年のモデルチェンジでの開発費と型代につきるのではないか。型さえ作ってしまえば、実際の商品のコストなど二束三文であろう。こういう物は、どうも好かない。

 革のテレマークブーツは、足へのなじみが良く、曲がりも自然である。つまり履き慣れたハイキングシューズで山を歩くが如く、雪面を自由に、自然に駆け回ることが出来るのである。私はプラブーツを持たないのだが、店頭で履いてみると、まず踵の上がりが不自然なことに気づく。なかなか上がらず、ポキッと折れるように上がるのだ。プラブーツを履くテレマーカーに、浅いポジションと深いポジションの、二種類の人種が居るのはこのためではないかと勘ぐってしまう。たしかに革靴であるが故の弱点も多数有り、その中でも濡れへの弱さ、剛性の無さは一番顕著である。
 濡れに関しては諦めるしかない。縫い目にはシーム処理、皮革表面にはシューグリスで防水処理を施しているのだが、春の湿雪や、アプローチでの水たまりなどにやられてどうしても濡れやすい。
 剛性の無さは、特にスキー場でのゲレンデ遊び、そしてアイスバーンなどの悪雪で現れる。ちょっとコジルような滑りをするとクニャァっと靴底が捩れて板の角度とずれてくるのだ。しかし、足裏感覚の敏感さは確実で雪面と板と相談するように微調整しながら真ん中に乗り込むことにより、バランスしながら滑ることが出来る。



 ライトツアーでは、スカルパのビンソンを愛用している。
ビンソン
 紐締めオンリーの浅めのブーツで、軽快さは特筆である(XCには叶わないが)。アップダウンのある大抵のツアーでこれを履くことにしている。なんと言っても歩きが楽なのだ。
 下りでは、流石に2バックルのローガンより苦労する。後傾は禁物である。ふくらはぎに、寄っ掛かる事の出来る物が何もない。後傾、即転倒に繋がりかねない。さらに足裏の感覚が敏感になり、板に「乗らなくては」ならなくなる。しかし、このヒールフリー感覚はプラブーツ乗りにはとうてい理解できないであろう。ブーツの下でふらふらする板を前後左右にバランスしながら乗り込んで行く。さながら、ブーツの下は、直接大自然の雪面があり、その上をバランスしながら滑って行くようである。
 昨シーズンの北八ッが岳では、私が革ブーツ唯一人のパーティで、青苔荘に宿泊し、小屋の親爺にたいそうほめられた。親爺さんは革ブーツを予備に一足持っているそうだ。これから革靴の無くなって行く時代、予備の一足を用意するのは必要なことであるらしい。

 そんなことをつらつら思っていると、驚くほど私と同じ考えの人がいて驚いた。
「八尾テレマーク研究会」テレマークブーツについて。
  


 さて驚いたことに、いまモンベルのグランベリーモール店では、何年前に作られたか解らないほどノスタルジックな革ブーツが、処分価格で売られている。紐締めなどは6000円程度。バックルブーツもある。さらに、ノスタルジーを沸き立たせる幅狭長板(オスネス!ノルディックだぜ)が1000円以下で出ているのだ。これにボレの3ピンを付けて12000円で3点セットが出来てしまう。残念ながらオスネスはメーターと呼ばれるサイズ(昔のメーターは2mである。最近のショートスキーでは1mだけどね)なので、私には扱いきれないが(カザマのメーターを使用していたことがある)革靴は押さえておこうかと考えている。
posted by ういり at 08:22| Comment(2) | TrackBack(1) | ういりの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月11日

HOPE VISION HID装着

ライトが到着したのは先に報告しましたが、ようやく装着して何回か通勤に使用したのでその報告を。

通勤車は昔のロードレーサー、コンポがSUNTOUR CYCLONEと書けば分かる人には古さが伝わるかも・・・タイアはチューブラーで、オポジットブレーキが付いた今風に言えば”フラットバーロード”風の自転車。勿論アヘッドなんな無い時代なのでライトを付けるには「スレッドレスコンバーター」なるアヘッドステムを取り付けられるアダプターをまず付けて、手持ちのTHOMSONのステムを上下逆に装着してからようやくライトの取り付けとなった。バークランプ径が合わないかと心配したけどなんとか付いた。
hope-2undershot.jpg
ハンドル高は今までより気持ち下がったけれど、これから風が強い時期なのでしばらくこれで試してみるつもり。
hope-3front.jpg
バッテリーとライト本体は専用ケーブルで繋ぐんだけれど、このコネクターが3ピンで方向があり、暗闇ではちゃんと向きを覚えておかないと挿せないのでちょっと困り物。バッテリーを固定するレール(カメラのアクセサリーシューと同じ形)は精度も良くスチャッと気持ち良く入るんだけれど、ロックが振動でカタカタ鳴るのは興醒め・・・
hope-4sideshot.jpg
しかしCNC加工で細かく造り込まれた本体は、照らすだけでなく見て楽しくもある。ライトマニアの方々にも受けは良いんじゃないかと(笑)

で、肝心の照射性能ですがとにかく「白く明るい」です(笑)
車のHIDのイメージで想像すればほぼ間違いない感じ。
かなりスポットの効いた中央部と周りにも程よい拡散光があるのですが、スポット付近は白く飛んでしまって逆に細かな凹凸が見難いような印象もあります。もっと上向きにすれば良くなるんだと思いますが、路肩において反対側から歩いてみるとかなり眩しく感じてしまうのでスポットの下端が5m位の所を照らすくらいの角度にしてます。
照射時間は今の所2時間持たないような印象ですが、充電をもっときちんと管理すればもうちょっと伸びるのかな?カタログ値だと2:45だと書いてあるので。

色々細かいことはあるけれど、とにかくその圧倒的な光量は一度体験したらもう1WLEDには戻れないです。例えば街灯のない土手上で対向車とすれ違う時、車のライトに幻惑されて路肩が分からず寄るに寄れない・・・  暗いライトだとランニングしている人や犬の散歩をしている人(何故か黒く見難い格好の人が多い気がする)に気付くのが遅れてお互いに恐い思いをする・・・ そんな思いとはもうオサラバです(歓)

最後の問題はちょっと色がチラつくな?と思ったら、バッテリ切れであっという間に消灯してしまう
事です。やはりバックアップは欠かせないのでLEDライトも今まで通り残して置かねばならず、折角のスマートな外観が台無しというのは残念・・・・
posted by KWSKa3i at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ライト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月08日

Markill Mountaineering Wide Mouth Bottle

20年以上昔のことだけど、登山を始めた頃に最初に買った水筒が、マルキルのマウンテニアリング・ワイドマウス・ボトルの 1リットル版だった。当時はポリタンクか細口のグランテトラみたいなボトルが大勢を占めていたけど、ポリの臭いが嫌だったことと、『直接火にかけられるので、雪を詰めて溶かしたり、ティーバッグをそのまま入れることも可能』という説明書きにヤラレて購入した。
結局雪を溶かさなければならないシチュエーションには遭わなかったし、ただの水筒としてしか使わなかった。ねじ式キャップの締め方をミスして、ザックの中が水浸しになったこともあったっけ。

マルキルボトル

これは1.5L版。元々持っていたボトルは捨ててしまったけど、ついつい懐かしくてまた買ってしまった。
posted by Jabbersig at 21:55| Comment(4) | TrackBack(1) | クッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月03日

MTBツーリングにて

先日仲間4人でMTBダウンヒルツーリングに出かけた。
普通MTBツーリングだとペットボトルに弁当がお手軽定番だけど、そこはいつもの山仲間たち。基本的には『液体燃料ストーブ縛り』のルールが適用された。こんなジョークに付き合ってくれる人たちって大好き。

点火すれば速い年代物のMSRウィスパーライト
whisperlite.jpg

すばやいセットアップで結局最初に湯沸しが完了したトランギア
westwind.jpg

燃焼不調でイマイチだったOptimus 8R
8r.jpg

ルール無視だけど今回一番実用的だったOptimus Crux
crux.jpg

“無駄な火器”を使って山頂で飲むコーヒーは、MTBが目的であることを忘れさせてくれて、これまた格別な味でした。
posted by Jabbersig at 09:28| Comment(2) | TrackBack(0) | ストーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。