2006年07月22日

好みのキャンドルランタン

bigoak_candle.JPG

キャンドルの灯りが密かに人気があるみたいですね。写真のランタンは多分20年近く前に買った物で、着火は上蓋を開けて点火するだけ。キャンドル・ランタンが好きでいろんな種類を買い集めてしまったけど、このタイプが一番好き。UCOみたいなクローズドタイプだと、下から蝋燭を抜いて着火しなければならないし、風があると点きにくいんだよね。今は蝋燭じゃなくてCandoilと組み合わせることが多いけど、底蓋が金属の古いランタンはドイツ製キャンドイルが何とか入ります。

最近では、この上蓋が開くタイプのランタンを国内じゃ見かけなくなってきた。唯一ノーザンライト製"フリップトップ"の市中在庫が残っているだけかな。フリップトップも色付き(赤青緑)とブラスばかりで、アルミ地金色はもう無いらしい。

天気が悪くて出かけられない週末が続いているけど、気持ちいい天気の下で高原の昼寝を堪能したい・・・。で、夜はキャンドルの明かりを見つめてね。
posted by Jabbersig at 12:01| Comment(3) | TrackBack(0) | ランタン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。