2006年09月28日

ハイキングキャンプ・ザックチェック編

9月23-24でこのBLOGに集まる皆々で八ヶ岳南端の青年小屋にトレッキングに出かけてみた。集まったのは事前に参加表明のあった大人5人子供1人+当日参加の親子で合計8人。台風が接近していたので天候が心配だったけど途中で逸れてくれたため、望外の好天に恵まれとても気持ちの良い山行となった。

登り3時間強のお気楽トレッキングなので参加者の装備も様々で、ザックにもそれが反映。

まずはjabberSigさん
vaporlight.jpg
 GraniteGearのVaporTrailというモデルで、59Lで900gという超軽量のザック。
この中にHoopedOutlandが入っているあたりが、軽量化と趣味のせめぎ合いが見えて面白い。他にもヘッドライトにティカXPを導入したり液燃を止めてガスにしたりして軽量コンパクトを志向しているけど、普通真っ先に検討する筈のテントが大きく重い(笑)
 しかしこれは今回集まったメンバーほぼ全員に共通する矛盾なので、これを気にしてはいけない。むしろmossを担ぎ上げるために他を軽量化しているのだと前向きに考えたい。
 ザックそのものは、軽量ザックと聞いて想像しがちな貧弱なパッドと違い、しっかり厚みのあるパッドで形も良く、背中の当たりは良さそうに見えた。
巻き込み式の蓋と、一つもポケットの無い造りの使い心地はどうなのか気になるところ。

続いてu-ichiroさんのArc'Teryx Bora65Lt
bora65.jpg
ブラックスペクトラを使っていてシェイプもすっきりスリムで凄くカッコいい!モデル名のLtは何の略なのか国内代理店、本社にも問い合わせたけど分からなかったとのこと・・・誰か知ってたら教えて下さい。
中に入っていたテントはOutlook。明け方は2℃まで冷え込んだけど寒くなかったかな?風が無ければ大丈夫か。ストーブはMSRウィスパーライトと唯一のガソリン、しかもPRIMUS P541ランタンまで持ってきてました。このランタンは軽量コンパクトで明るさも十分、現状コンパクトガスランタンの中では個人的には最もそそられます。しかしu-ichiroさんがガス器具使うのは初めて見たかも?
ザックの背負い心地は言うまでも無く最高レベルなんでしょう。大きさ的にも使い勝手が良さそうです。

お次はTKSさんのBora80
Bora80.jpg
何でも入ってしまいそうなこの大きさに入っていたのは今回唯一の国産モンベルのステラリッジ2。
テン泊登山は今回が2回目で装備も現在試行錯誤中といった感じ。しかしどれも最新なのでうらやましい・・・
帰ってきて早くも軽量化を考えるものの周りにまだ早いんじゃないの?と止められてしまった。軽量化には年功序列制導入か?

そしてフォルクレさんのGregory Rockcreek
rockcreek.jpg
パック界のロールスロイスと言われるが、これはその中でも相当貴重な年代物。
rockcreek_tag.jpg
こんなのを現役で使っていることが奇跡なんじゃないかと思う。背面システムを見ると、自分が昔使っていたシュイナード・ドラゴンがそっくりだった。当時は凄いと思ったが、全くのコピーと分かってがっかり。テントは後ろのメッシュ部分のフライにも出入り口の付いた珍しいOutland。特注かサンプルだったんでしょうか?

最後にkwsa3iのDANA Glacierとその子供のOsprey Pica kid's Pack
gracier.jpg
二人分の荷物とOlympic、heptawingなどを詰め込んでボリュームは今回一番。しかし持ってみると見た目ほどには重くなかったりする。結構古いザックだけど、ウエスト周りの造形が良いのか腰骨が痛くならず終始快適だった。
pica.jpg
OSPREYはkid'sパックも手抜き無し!
逆U字のステーに沿って背面長が大きくスライドするシステムとあちこちに付いたコンプレッションベルトで安定化を図ることが出来る。成長に合わせて長く使えそうなザック。現行品にはkid'sモデルは無く、復活すると良いなぁと思う。

当日参加のSさんはGregoryの大きいザックとBIBLLERのテントで来てくれました。写真無くてゴメンナサイ。

あと、今回は何故かウェットリブ装着率高し!大人5人中4人という高確率でした。

おしまい


posted by KWSKa3i at 23:04| Comment(7) | TrackBack(0) | ザック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

八ヶ岳 - 編笠&権現ハイキング・キャンプ

赤岳阿弥陀.jpg

9月23-24日、台風で天候が危ぶまれたものの、関東方面にはあまり接近しなさそうだということで、みんなでキャンプを目的に八ヶ岳の編笠山と権現岳へ行って来た。

「駐車場から編笠山と権現岳を見上げる」
parking.jpg

各自バラバラに登ってテン場で会おうという趣旨だったけど、自然とおよそ出発の時間に駐車場に集合と相成った。さすが山の経験者たち。
大人5名子供1名で出発しようとした瞬間、Sさんが駐車場着。こっちは集団なんで先に登り始めてます。

「長男」君を先頭に樹林の中を登る。グループだと途中の小休止が大休止になってしまうねと言いながら雲海を経由して押手川に到着。「若いんだから編笠山頂経由で行きなよ」とけん制するものの、結局全員で巻き道をテン場へ向かう。

「テン場に出現したmoss村」
mossvil.jpg

早飯してテントを設営してダラダラしていると、きょう中に権現岳を往復してくる気持ちが失せてしまった。テン場での昼寝ほど気持ちいいものは無い。
ガスが多い午後だったけど、夕方前に一応編笠山を往復。5分待って10秒だけ権現や赤岳が見えるといった感じでした。

「テン場の夕暮れ」
夕暮.jpg

日が暮れ始めるとともに空も晴れて綺麗なオレンジの空が出て、夜7時頃は天の川クッキリの素晴らしい星空。わずかな時間に人工衛星を何個も目撃。台風後の晴天に恵まれました。

「同じ曲線?」
輪郭.jpg

翌朝も快晴。他のパーティは朝一で編笠まで往復してたみたいだけど、我々はノンビリ朝食を摂り、そのまま権現岳へ向かう。

「のろし場からのギボシと権現」
権現岳2.gif

「ギボシからの赤岳(左)と権現(右)」
権現岳.gif

「権現岳山頂」
権現山頂.jpg

「権現岳からの編笠(左)とギボシ(右)」
ギボシ.gif

「帰路で見えた青年小屋」
青年小屋.jpg

テン場へ戻るとすっかりテントも乾いてフライシートがパンパンに張れている。これだけ綺麗に張れているmossのそんなに見かけないぞ。
outlook.jpg

青年小屋に戻って昼食と撤収をして、午後3時頃に駐車場に下山。日曜は快晴で、立山・北ア・乗鞍・中ア・南ア・富士山・・・360度の展望も堪能できたし、やっぱり山はいいよね。
次はどこへ行こう?
posted by Jabbersig at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | フィールドレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。