2006年06月13日

ポールの修理

知人からスタードームVのポールを折ってしまったのだけれど・・・と相談を受け、修理を試みた。交換するブランクはあったので、心配は先っちょのTipが抜けるかどうかだけだったんだけれど、なんとか抜くことに成功。
tip.jpg

前にショックコードが切れてしまった年代物の金ポールに付いていたTipは挿入部の内側も綺麗にくり貫かれていたのだけれど、今回のは内側は殆ど未加工。軽量化の手を抜いてしまったのかな?大した重さでは無いのでどうでも良いんだけれど、1個1個無垢の棒から削りだすのかと思うと大変そうだなぁと思う。金属加工は全く無知だけれど、NC旋盤とやらを使えば機械任せで量産できるのかなぁ。パーツで買うとTip1つとブランク1本が同じくらいの値段だったのでびっくりしたことを思い出した。
posted by KWSKa3i at 22:59| Comment(4) | TrackBack(0) | テント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
切削加工は
思いのほか手間がかかるものなのです

精密鋳物で作っても
やはりコストは高いし

こらえて下さい(笑)
Posted by JSB at 2006年06月19日 18:08
精密鋳物というのもあるんですか。
どちらにしても高くなってしまうのは仕方ないんですね・・・

パーツで取ると単価が上がってしまうのは仕方ないのですが、それにしてもポール4本のテントでTipが8個必要でブランクが1本幾らでと積算していくと、ポールの部品代でテント一式の値段のかなりの部分を占める計算になってしまいますねー
Posted by kwska3i at 2006年06月21日 22:18
http://www.questoutfitters.com/Lightweight.htm
超遅いRESですが(苦笑)
今後の参考になれば、と思いまして
Posted by JSB at 2006年12月25日 00:42
JSBさん、ありがとうございます。
手持ちのoutlandのPOLEがDAC製でEASTONと比べると使い勝手がイマイチなんですよ。このサイトの単価で試算すると1セットで$50位で組みあがりそうなのでやってみようかな?と思います。

今後の修理用にブランクちょっと多めに買い足して(笑)
Posted by kwsa3i at 2007年01月08日 11:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。