2005年02月18日

タグの種類

今回共同購入したテントは製造年代によってタグが違ったりする。
タグ以外にも細かな作りや最終的には生産国まで変わってしまう・・・

オークションで購入すると、袋と本体、ポールが全部バラバラなセットが届いたりする事もありガッカリすることになる。到着しても一通り点検するまでは安心できない・・・・
逆にカタログ写真でしか商品説明をしてないオークションは、写真より古いモデルが届いて嬉しい時もある。古い方をありがたがるのはちょっと変な気もするけど、一応理由があるんです。

今まで最低の経験は、確かに新品だがフライとフロアに大きく「FACTORY SECOND NO WARRANTY」とスタンプされてあったのを見つけたときかな?

前置きが長いと怒られそうなので、今回のブツ

買ったのは友人で、気になるので発送前に確認して欲しいとの依頼があったので、この場を借りて報告します。知ってる人は一緒にドキドキしましょう(笑)

スタッフバッグはこんな感じ
SF4-1.jpg

いわゆる「シアトルロゴ」と呼ばれているロゴでした。
やっぱり星条旗つきのタグがカッコいいと思うのは僕だけじゃないでしょう。

しかしこれで安心してはいけない。




袋と本体のタグが違うこともあるから・・・・





たかがタグが違うだけじゃん!と思う人もいるかもしれないけど




好きな人にとってはやっぱり重要な事なんです。


SF4-2.jpg

良かった!

本体も同じです。

以上報告でした。
焦らしてごめんね、○゛○さん







posted by KWSKa3i at 21:30| Comment(1) | TrackBack(0) | テント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>焦らしてごめんね、○゛○さん

誰が買ったんでしょうね?FlyW。
「ブす」さん?
「バか」さん?
ま、誰でもいいや。
以上、グレでした・・・・・・。
Posted by グレ at 2005年02月19日 14:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2011153

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。