2005年03月02日

ヨーロッパの CandOil

先日ちょっとだけ載せたもの、それは『キャンドル・ランタン用アクセサリー』というのが商品名らしい。キャンドル・インサートと紹介されているところもあった。
Candoil3

伸縮式(collapsible)キャンドル・ランタンは、バックパック用ランタンとしてとってもポピュラー。8-10時間くらいも持つし、小さいし、軽い。でもロウソクならではのデメリットもある。例えば炎天下ではロウが熔けて周りのものを汚す。テント内で吊り下げているとぶつかってホヤがロウでベットリ汚れ、その後はますます暗くなってしまう。消したときの煙と匂いが嫌。芯が折れたりすると炎が小さくなって調整不可能。テン場でロウソクの灯りが暗くなると気持ちまで沈んでしまうんだよな。

こんな蝋燭の欠点をすべて解決するのが、アメリカのNorthern Lights社の CandOil だった。精製灯油を燃料とするオイル・ランタンで、一般的なキャンドル・ランタンのろうそくと換装して使うことのできる優れもの。キャンドイルの素晴らしさを実感したのは最近で、何でもっと前に買っておかなかったんだろうと後悔する事しきり。
ただ、オリジナルのCandOilは新しいキャンドル・ランタンにしか使えなくて、自分の持っている古いタイプのキャンドル・ランタンには装着できない。キャンドルの取り付け部分がプラスティック(樹脂)製タイプのUCOやWildernessのようなキャンドル・ランタンにはOKだけど、底部まで金属製のタイプには装着不能。妥協するにしても、そもそも既に廃盤で、輸入代理店にも残っていないし、メジャーな商品じゃなかったから、ショップにも売れ残っていない。

というわけでいろいろと探し回って見つけたのがコレ。ドイツ国内でしか販売されていないようで、英語で購入は不可能。知り合いに取りまとめてもらって、知り合いの知り合いの知り合いみたいなルートでようやく入手できたのです。
Candoil1

これも本来は樹脂製アダプタ・タイプのキャンドル・ランタンに合わせて設計されているようで、古い金属製アダプタには適合しない。でも、底部が薄いから無理やりだけど装着可能です。これでバックパック装備が一歩また前進。でもUCO用アクセサリと書いてあるくせに、UCOのランタンでロックすることができないのはなぜ?
Candoil2
(取りまとめてもらった友人に商品到着時に写真を撮らせてもらったものです)
posted by Jabbersig at 23:05| Comment(4) | TrackBack(0) | ランタン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
キャンドイル、旧型、新型両方持っていました。
誕生日プレゼントで義兄に買った物だったのですが、なんか気に入ってしまい、私も!と、旧型(金属製)を購入して、手持ちの(ビックオークだったかな)キャンドルランタンに使用しようとしたら上手くつかない。
そんな折、友人から、「オイルランタンを買ったがつかない」との連絡。友人のキャンドルランタンが旧型のようで、交換したら、万事解決。で、ういりはプラスチック製キャンドイルのオーナーになりました。
しばらく使っていたのですが、燃料を入れたまま移動すると、内圧が上がってしまうのか?芯の所から燃料がオーバーフローするんです。で、火をつけると、だんだん火が大きくなり、芯の出ている部分、先っぽの金属から溢れた燃料に引火して、プラスチックが溶け出してしまいました。で、ガレージセールで知り合いを騙して売っぱらっちゃいました。(うそ。ちゃんと説明しましたよ)
ういりのもっていたキャンドイルが不良なのか、そういう仕様なのか解りません。使い込んでみて、検証してくださいな。
Posted by ういり at 2005年03月03日 15:18
僕のキャンドイルも、燃料を入れっぱなしでの移動だと内圧差で漏れてしまいます。添付されていたOリングも使っていたのですがNG。芯の横(蓋の上)にエア抜き用の穴が開いていて、そこから漏れてくるようです。
使用時のトラブルはありませんが、移動時は空の状態になるように別のボトルに灯油を入れています。
Posted by tetk at 2005年03月03日 15:37
やはり別ボトルですか。
そうなるのが面倒で手放してしまいました。
燃料タンクがあるのに別にボトルが必要というのが気にくわないです。移動用に別ボトルと割り切って使えば問題ないんですねぇ。

私には縁がなかったみたいですね。
Posted by ういり at 2005年03月03日 21:21
BIGOAKのキャンドルランタン、
いいですね^^

20.000円で譲ってもらえないでしょうか?

宜しくお願いします
><。
Posted by at 2011年07月22日 14:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2222561

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。