2005年03月31日

LEDタブキャンドル

タブキャンドルは、揺れるとロウが飛散する。持続時間も2時間程度と短い。小ささと軽さはいいんだけどと思っていたら、ハイマウント社からLED方式のタブが新発売されているではないか。早速取り寄せてチェックチェック。

左LEDタブキャンドル、右普通のタブキャンドル。
led001
led002

ダメだこりゃ。暗くてテント内照明の役目すら果たさない。ロウソクの何分の一かの明るさしかない。オマケにひっきりなしに「ゆらぎ」をエミュレートしていてチカチカうっとうしい。せめて切り替えられるようにしておいて欲しかった。タブ単体で 15g(電池込み)、100時間持続という宣伝文句は素晴らしいけど、実用性ゼロの商品でした。

ケースだけ流用してLEDを換装してみるかな。
posted by Jabbersig at 21:33| Comment(2) | TrackBack(0) | ランタン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
http://akizukidenshi.com/catalog/items2.php?c=color&s=popularity&p=1&r=1&page=#I-00729

これのほうが明るくて面白そうです(笑)
「秋月*」はアキバのオタク筋では
メジャーなところです
Posted by JSB at 2005年04月07日 12:51
LEDは白色系を使ってケースの色で少しだけ黄色くすればいいかと。

秋月は元無線小僧には懐かしいですね。20年以上昔ですが、秋月、千石、アドあたりによく通いました。秋月のキットはそのままじゃまず動きませんでしたよね。今でも同じなのかな。
Posted by jabbersig at 2005年04月07日 13:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。