2005年07月20日

稜線のちょっと下で

気持ち良い山のテン場でなるべく楽に行けそうな所・・・
ピークには立てなくても良いから良い景色を満喫してのんびりしたい。
そんな都合の良い場所を求めて時々mossを担いで出掛けてます。

今回は北ア八方尾根をゴンドラで登り、唐松岳山荘直下の幕営地目指してみました。
恒例のザックチェック(笑)
karamatu-DANA.jpgkaramatu-gre.jpg
DANAのブリッジャーと年代物のGREGORYロッククリーク
ブリッジャーはテラプレーンを一回り小さくして背面システムを簡単にしたモデル。縦長のポケットとネットは使いやすいです。ロッククリークはハイドレーション用のシングルポケットが付けられているのだけど、これにはショルダーストラップも付いていて単体でもアタックザックとして使えるスグレモノ!今回も頂上でコーヒーを飲むためにJETBOILをこれで運びました。

ちなみにロッククリークは相当古いみたいで、こんな見たことも無いようなタグが付いてました。karamatu-gretag.jpg

それほどキツク無い登りをフラフラになりながら登り、それでもお昼過ぎには目的地に到着してテントを設営することが出来ました。
karamatu-outlook.jpg

ちょっと下の雪渓に水を汲みに行ったりしながらダラダラ過ごし、夜はキャンドルランタンの優しい灯りでビールを飲んだりしつつ早々に就寝・・・

翌朝は早起きして20分ほど登った唐松岳山頂で日の出を拝む
karamatu-hinode.jpg
相当寒く、熱いコーヒーが美味かった。こういう瞬間のために登っているんだなぁと実感できる瞬間。

下山の途中では雷鳥と出会ったり、綺麗なお花が咲いていたり・・・
karamatu-raityou.jpgkaramatu-ohanabatake.jpg

意外と天気にも恵まれ、満足の行く山行となりました




posted by KWSKa3i at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | フィールドレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5234431

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。