2005年10月30日

旧旧型Phoebus 725 3種

キャンプで数人集まったら、ホエーブスの725、それも極上コンディションが3台も集まった。

↓クリックで拡大
Phoebus725

写真左が最も古く、右へ行くにつれて若くなる。3台ともいわゆる旧々型と呼ばれる世代のものだけど、実は細部が異なっていて面白い。缶の違いだけじゃなかったのよ。

左の725は、燃料キャップの圧抜き穴が横に付いている。タンク底部の凹み形状も異なっており、多分タンク容量は一番大きいかも。ダイアル銘板もシンプル。風防も黒。反射板がなんと鉄製!

右の725は、写真に写っているラベルの大きさが左の2台より一回り小さく、かつ書かれている内容が違う。それとタンク底にアルファベットと数字一文字ごとの刻印も無かった。

真ん中の725は左右の世代のちょうど中間で、ラベルは古い方と同じ、形状などは新しいのと同じだった。

ちなみに、3人ともサイレントヘッドに換装しててまるで標準装備っぽく見えるけど、同じ改造してるだけなのでお間違いなきよう。 それと後ろのチェア・・・レア度がわかるかなあ・・・。
posted by Jabbersig at 18:58| Comment(0) | TrackBack(1) | ストーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8769418

この記事へのトラックバック

FDコットDXNo.73002650ロゴス fl088
Excerpt: ●これさえあれば、地面の凹凸も気にならない●LOGOS(ロゴス)FDコットDX3●品番:73002650●総重量:(約)6kg●サイズ:(約)幅190×奥行65×高さ42cm●収納サイズ:(約)幅17..
Weblog:
Tracked: 2007-09-05 11:09
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。