2005年11月25日

HOPE VISION HID ライティングシステム

ふとしたことから9月頃から自転車通勤を始めた。
きっかけはテレマークシーズンに向けて脚力不足を何とかしたいと考えていた所に、現在の職場までもし自転車で行こうとすると、殆どの行程が荒川CRだけで済んでしまうことに気付いたことで、実際走ってみると片道22km弱で途中信号に止められるのは2〜3箇所と、とても恵まれた環境であることが分かった。

 仕事や天気の都合で車で行くこともあるので平均週2回、ほぼ2ヶ月で1000km位を走ったのだけれど、田舎の車道や土手上の道が殆どなので、夜間の視界が悪いのが難点で、実際マンホールの段差に気付かずハンドルを取られて生垣に突っ込んだことが1回、アスファルトの段差が見えずにバランスを崩すこと数知れず・・・このままでは健康のためにやっていることで怪我どころか命に関わるような怪我の可能性も!

前置きが長くなりましたが、こんな不安がこれくらいの物で解消されるなら安い安い!と自分に言い聞かせて今回導入したのがこちら
hope-box2.jpg

今日Fedexで届いたばかりなので、とりあえず充電してみて近くの河原で照らしてみると、今までのフィラメントやLEDライトとは別次元の明るさにびっくり

本体はこんな感じです
hope1.jpg
CNC加工で質感も非常に高くかなり良い感じ。
この製品の特徴はステムとライトが一体型になっていて、バッテリーもスライド式のブラケットでステムの下側に固定するシステムになっていることで、他社の自転車用HIDライトのようにバッテリーをフレームなどにぶら下げる必要がないので見た目がスマートでとてもカッコ良い!

ちなみにHOPEのステム専用ということになっているけれど、試しにTHOMSONに合わせてみたらネジ位置は同じようで、すんなり入った。分かっていればステムは買わなかったのに!無念・・・・

他のパーツがまだ揃わないので装着はまだ先ですが、使い始めたらレポートします。
暗い夜道を走るツーキニストにはきっと素晴らしいアイテムになると確信してます。
【関連する記事】
posted by KWSKa3i at 23:11| Comment(1) | TrackBack(0) | ライト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おぉ、買っちゃいましたね。
ライトの明るさは、特に雨の日に違いが出ますね。街中なら自分の存在を知らす目的のライトで充分だけど、外灯が無かったり雨で光が拡散してしまう状況では、最低でも10W程度の光量が無いとツライ、見えない。
それにしてもハロゲンの40W相当とは凄いな。
Posted by Jabbersig at 2005年11月26日 10:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。