2006年10月10日

秋山のつもりがほとんど冬山の双六岳

10月7日〜9日で新穂高温泉〜双六〜槍ヶ岳〜新穂高温泉の予定で出掛けて来ました。槍ヶ岳は約20年ぶり、標高3000m超えでのmoss泊も初めてとあって、今回の計画に掛ける意気込みは、それはもう中々のものだったんですよ・・・

きっと天気も良くなるだろうと楽観しつつ小雨交じりの新穂高温泉を6:40に出発。雨具だと暑くなっちゃうかな?と思いArcのソフトシェルでスタート。
わさび平小屋を経て鏡平に11:00着。この辺りが一番紅葉が綺麗。

SANY0074.JPG
天気が良ければ鏡池に映る逆さ槍が見事な筈なのに、眺望は全く無し・・・
昼食を取ろうと思うが、雨のしのげる小屋の軒下は満員御礼で、仕方なくびしょ濡れのベンチで食べるだけ食べて早々に出発。

弓折岳付近の稜線に出た辺りで、みぞれ交じりの強風が吹き始める。
SANY0076.JPG
ソフトシェルは既にビショビショ、手もかじかんで来た・・・
とにかく先を急ぎ双六小屋を目指す。
SANY0078.JPG
13:15やっと着いた頃には手の感覚も無く、ザックのバックルも開けられない状態・・・小屋でコーヒーを飲みほっと一息ついてから今回の相棒、outlandを設営する。
張り終わった頃から地面が白くなりだし、夕暮れ時にはあたり一面雪景色に変わってしまい、風も時折突風交じりの荒れ模様・・・
幕体に叩き付ける雪の音と風に煽られて変形するoutlandに不安を感じながら浅い眠りの一夜を過ごす。ラジオで白馬や奥穂高での遭難のニュースを知り、明日は朝天候が回復していなければ1日沈殿しようと決めた。雪に押されて狭くなってしまうのを内側から押し戻しつつ朝を迎える。明け方の最低気温が1℃位。
SANY0086.JPG
風上側はびっくりするくらい埋もれてました・・・
暇つぶしに小屋でスコップを借りてテントの周囲を雪掻きしたり壁を作ったりしつつも、1日中テントの中でラジオを聴きながらゴロゴロ過ごす。
じっとしていると寒気が染み入ってくる。
翌朝は回復しそうなので、双六山頂でご来光を拝もうと思い、朝一で行動出来るようびしょ濡れの雨具を着たままシュラフに入り乾かすことにした。気持ち悪いけど、早朝の寒いときに冷たい雨具を着ると気持ちが萎えてしまいそうなので我慢我慢

翌朝4時半に起床してテントから外を眺めると綺麗な星と月が見える。
あわてて朝食を摂り5時には外に出て行動開始。今回新調したMYO−XPはスポットが効いてるので到達距離も長く、これまでのLEDヘッドライトと違って夜間の行動にも十分使える。フィラメントの焦点調節のようなムラも無く気持ち良い。

空荷なのでハイペースで高度を上げていくが、巻き道との分岐の辺りから夏道が分かりづらくなり、GPSで確認しながら進む。それでも何回か方向を誤り雪交じりの岩場をトラバースしたり、下降して登り返したり慎重に進む。
勾配のきつい所を抜けるとなだらかな大斜面が広がっている。
まだ誰も歩いていない雪原をザクザク踏みしめながら頂上を目指す。とても気持ち良く、寒さも忘れてハイな気分になる。
振り返るともう日の出が近そうなので、歩みを止めてしばらく待った。
SANY0106.JPG
ご来光と槍ヶ岳

SANY0107.JPG
モルゲンロートに染まる三俣蓮華

もう少し登って双六の山頂に到着。
SANY0112.JPG

360度の素晴らしい眺望を楽しみ、来夏目指す黒部五郎、雲の平方面を目に焼き付ける。
SANY0114.JPG

テン場に戻って撤収開始。
ようやくお約束のフライ無しの写真が撮れた(笑)
SANY0129.JPG
晴天下で真っ白な稜線を快調に下山する。


SANY0150.JPG

SANY0158.JPG
途中鏡池で逆さ槍を眺め、途中の紅葉と白く染まった山々の対比を楽しみながら一気に下山。

新穂高温泉までの所要時間5時間で到着。もう歩きたくないと思った。
槍には行けなかったけど満足度100%の山行だった。
posted by KWSKa3i at 22:45| Comment(7) | TrackBack(0) | フィールドレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月28日

八ヶ岳 - 編笠&権現ハイキング・キャンプ

赤岳阿弥陀.jpg

9月23-24日、台風で天候が危ぶまれたものの、関東方面にはあまり接近しなさそうだということで、みんなでキャンプを目的に八ヶ岳の編笠山と権現岳へ行って来た。

「駐車場から編笠山と権現岳を見上げる」
parking.jpg

各自バラバラに登ってテン場で会おうという趣旨だったけど、自然とおよそ出発の時間に駐車場に集合と相成った。さすが山の経験者たち。
大人5名子供1名で出発しようとした瞬間、Sさんが駐車場着。こっちは集団なんで先に登り始めてます。

「長男」君を先頭に樹林の中を登る。グループだと途中の小休止が大休止になってしまうねと言いながら雲海を経由して押手川に到着。「若いんだから編笠山頂経由で行きなよ」とけん制するものの、結局全員で巻き道をテン場へ向かう。

「テン場に出現したmoss村」
mossvil.jpg

早飯してテントを設営してダラダラしていると、きょう中に権現岳を往復してくる気持ちが失せてしまった。テン場での昼寝ほど気持ちいいものは無い。
ガスが多い午後だったけど、夕方前に一応編笠山を往復。5分待って10秒だけ権現や赤岳が見えるといった感じでした。

「テン場の夕暮れ」
夕暮.jpg

日が暮れ始めるとともに空も晴れて綺麗なオレンジの空が出て、夜7時頃は天の川クッキリの素晴らしい星空。わずかな時間に人工衛星を何個も目撃。台風後の晴天に恵まれました。

「同じ曲線?」
輪郭.jpg

翌朝も快晴。他のパーティは朝一で編笠まで往復してたみたいだけど、我々はノンビリ朝食を摂り、そのまま権現岳へ向かう。

「のろし場からのギボシと権現」
権現岳2.gif

「ギボシからの赤岳(左)と権現(右)」
権現岳.gif

「権現岳山頂」
権現山頂.jpg

「権現岳からの編笠(左)とギボシ(右)」
ギボシ.gif

「帰路で見えた青年小屋」
青年小屋.jpg

テン場へ戻るとすっかりテントも乾いてフライシートがパンパンに張れている。これだけ綺麗に張れているmossのそんなに見かけないぞ。
outlook.jpg

青年小屋に戻って昼食と撤収をして、午後3時頃に駐車場に下山。日曜は快晴で、立山・北ア・乗鞍・中ア・南ア・富士山・・・360度の展望も堪能できたし、やっぱり山はいいよね。
次はどこへ行こう?
posted by Jabbersig at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | フィールドレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月20日

稜線のちょっと下で

気持ち良い山のテン場でなるべく楽に行けそうな所・・・
ピークには立てなくても良いから良い景色を満喫してのんびりしたい。
そんな都合の良い場所を求めて時々mossを担いで出掛けてます。

今回は北ア八方尾根をゴンドラで登り、唐松岳山荘直下の幕営地目指してみました。
恒例のザックチェック(笑)
karamatu-DANA.jpgkaramatu-gre.jpg
DANAのブリッジャーと年代物のGREGORYロッククリーク
ブリッジャーはテラプレーンを一回り小さくして背面システムを簡単にしたモデル。縦長のポケットとネットは使いやすいです。ロッククリークはハイドレーション用のシングルポケットが付けられているのだけど、これにはショルダーストラップも付いていて単体でもアタックザックとして使えるスグレモノ!今回も頂上でコーヒーを飲むためにJETBOILをこれで運びました。

ちなみにロッククリークは相当古いみたいで、こんな見たことも無いようなタグが付いてました。karamatu-gretag.jpg

それほどキツク無い登りをフラフラになりながら登り、それでもお昼過ぎには目的地に到着してテントを設営することが出来ました。
karamatu-outlook.jpg

ちょっと下の雪渓に水を汲みに行ったりしながらダラダラ過ごし、夜はキャンドルランタンの優しい灯りでビールを飲んだりしつつ早々に就寝・・・

翌朝は早起きして20分ほど登った唐松岳山頂で日の出を拝む
karamatu-hinode.jpg
相当寒く、熱いコーヒーが美味かった。こういう瞬間のために登っているんだなぁと実感できる瞬間。

下山の途中では雷鳥と出会ったり、綺麗なお花が咲いていたり・・・
karamatu-raityou.jpgkaramatu-ohanabatake.jpg

意外と天気にも恵まれ、満足の行く山行となりました




posted by KWSKa3i at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | フィールドレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月13日

かわせみ川原でOlympicキャンプ

2005年3月12-13日、埼玉県荒川の川原で怪しい集会。たまたま最初に言い出した数名がmoss Olympicを持っていたので、『蟲』なキャンプをしようということで集まった。オリンピック5張り、SuperFlyIV、Outlandが集結。風が強かったので同じ向きに張られた光景は離れて見るとやっぱり異様だ。
風景050313-1

地べたかローチェアに座り込む低い視線のスタイルは、とても落ち着くしノンビリできる。そこで交わされる会話も道具のことから体験談まで幅も広いし一つ一つが深い。単に「アレいいですね」みたいな上っ面の会話ではなく、使うシチュエーションを含めた評価と経験に基づくものばかり。例えばどうすればこの道具がもっと使いやすくなるかとか、あそこへ持っていくならいいけどあの場所だとコレコレこういう理由でダメとかね。

で、今回のOlympic達を、年代でかなり違いの出る背骨のシルエットで紹介。張り方で違いも出るけど、ペグが効き難い砂地の設営なので、あまり大きな差は感じられないかも。

2000年Olympic(デカタグ)。
2000olympic

1994年エクスペディション仕様(カムデンの星条旗が内側)
1994olympicEXP

1994年Olympic(カムデンの星条旗が内側)
1994olympic

1987年Olympic(カムデンの茶タグ)
1987olympic

1984年Olympic(カムデンの茶タグ)
1984olympic

87年と84年は、見た目は同じだけどフライシートとインナーテントの連結方法が違う。87年は一般的なオスメスのテープバックル方式。84年はテープアジャスター方式で装着は面倒。それにしても全部年式というか種類が違うのがよく集まったものだ。

そして今回のお宝グッズたち。お宝だからといって飾られている物じゃなくて、全部普通に使われている物ばっかりネ。

オスプレーのEASYCHAIR。軽さは特筆モノかな。
esaychair

Gregoryの使い込まれた年代物ダッフル。
gregory

ミロの表面加工されたパーコレータ。昔はパーコレータと言えばミロだった。
ミロ

SVEA158。大鍋の煮込み・保温に最適。
svea158

年代物のサーマレスト。すっごいうれしそうな顔で見ていた写真が載せられなくて残念。
thermarest

一部で話題のTilly。同一機種が4台も登場。灯油ランタンは直視してもまぶしくないのね。
tilly

風の通り道らしくずっと強風で寒かったけど、いつものだらだらスタイルは変わりません。
さあて次はいつかな。北方面?
風景050313-2
posted by Jabbersig at 22:57| Comment(3) | TrackBack(0) | フィールドレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月15日

森のまきばでリベンジ成功

気のいい仲間達と森のまきばキャンプ場へ。昨年12月に風速47mで眠れない夜を強いられたリベンジというのも目的の一つ。今までの森のまきばの中では最高の天気で気分良く過ごすことができて、まんまとリベンジに成功だ。

体力のすっかり弱った中年の身体には堪えたマイナス4度の朝。
森のまきば1

最高室温が32度にもなって冬であることを忘れさせてくれるストーブinティピ。でも外に出て自分のテントに入ると寒さが身に凍みるんだよな。
森のまきば2

毎回何か面白い物や変わった物や懐かしい物を持ち寄って道具談義や体験談に花が咲く。物欲を煽りあったりもまた楽しい。で、すっかりはめられた人の変な光景(私ではありません)。
森のまきば3
posted by Jabbersig at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | フィールドレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。