2007年06月24日

チタンダブルマグが好き

SANY0004.JPGSANY0003.JPGSANY0002.JPGダブルウォールのマグカップが好き。
熱い物は冷めにくく、飲み口も熱くならない。
とりわけチタン製のものは味も無いし、軽いので山にも持っていける。

熱い飲み物を飲むのに便利なだけでは無い。
チキンラーメンみたいにお湯を注いで待つだけの保温調理するのにも適している。

昨秋の登山の時も、お湯を沸かして注ぐだけのフリーズドライフーズとチキンラーメン、マッシュポテトなどを組み合わせてお湯を沸かすだけで煮込みが必要な食材は一切持って行かなかった。このおかげで2泊3日110缶の2/3位を消費するだけで済んだ。上手く使えば4泊位は1缶で済みそうである。

そんな訳で、今までも2つのダブルウォールカップをスタッキングして常時持って行っていたのだけれど、コッフェルやガス缶との組み合わせに不満があった。上手くスタック出来ず、嵩張ってしまっていたのである。

何とかしたいなぁと思いつつ、Wild1で物色したら、丁度良いのがありました。

*の雪峰というシリーズ。高さ3種類、入れ子式にスタッキングできる様、豊富な直径がが揃っている。

存在は知っていたけれど、あまり真剣に見たことは無かった。

でもこれだけしつこくサイズを各種取り揃えるのはシステム化大好きなこの会社ならではとも思う。他社ではやらないだろうなぁ。

売り場の110缶を拝借し入れて見ると、丁度良さそうなのはギリギリ入らない。しかし思いついてガス缶を反対にして入れてみると、誂えたようにはまった。M400というサイズである。コーヒーなどの飲み物用に丁度良い大きさ。

これがすっぽり入るのがM600というサイズ。スープを飲んだりチキンラーメンや、最近出た日清カップヌードルのリフィル?を作る時なんかに具合が良さそうである。しかもこれは250缶と直径がほぼ同じなので、色んなコッフェルと相性が良い。

とりあえず手持ちのPRIMUSのトレックケトルに入れてみた。
このケトルにカップ2個と110缶、ガスバーナー1個がすっぽり、がたつきも無く(これは重要)綺麗に収まった。

コンパクトでかなり満足な組み合わせである

しかも110、250のガス缶とほぼ同じサイズなので、それぞれを色んなコッフェルやジェットボイルに収納でき、応用も利きそう。

色んな物を組み合わせてピッタリ嵌った時って凄く嬉しいですね!
posted by KWSKa3i at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | クッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月08日

Markill Mountaineering Wide Mouth Bottle

20年以上昔のことだけど、登山を始めた頃に最初に買った水筒が、マルキルのマウンテニアリング・ワイドマウス・ボトルの 1リットル版だった。当時はポリタンクか細口のグランテトラみたいなボトルが大勢を占めていたけど、ポリの臭いが嫌だったことと、『直接火にかけられるので、雪を詰めて溶かしたり、ティーバッグをそのまま入れることも可能』という説明書きにヤラレて購入した。
結局雪を溶かさなければならないシチュエーションには遭わなかったし、ただの水筒としてしか使わなかった。ねじ式キャップの締め方をミスして、ザックの中が水浸しになったこともあったっけ。

マルキルボトル

これは1.5L版。元々持っていたボトルは捨ててしまったけど、ついつい懐かしくてまた買ってしまった。
posted by Jabbersig at 21:55| Comment(4) | TrackBack(1) | クッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月01日

クッカーのハンドル

登山の時の食器、良くあるセットのものは、縁が熱くなるイメージがあったり火に掛けられなかったりするので、今までは専らシェラカップ&ロッキーカップを使ってました。しかしパッキングの時に取っ手が邪魔なことこの上無く、何とかならないかなぁ?と思って考えたのがこのハンドル
handle1.jpg

MSRのライトリフターにショックコードで作った輪っかをタイラップで固定しただけなんですが(笑)
これで握って無くても取っ手はそのまま固定できます。
handle2.jpg
簡単だけどなかなか便利そうで満足。
あとはシェラカップの柄を切り取ってしまえば完成!
こないだお店で見たベルモントのチタン製の取っ手無しカップでも良いかな?

もし何かお奨めのカップがあったら教えて下さい。
軽量で嵩張らない物が良いんですが
posted by KWSKa3i at 23:52| Comment(1) | TrackBack(0) | クッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月20日

PRIMUS LITECH クッキング・キット

海外通販に便乗させてもらって入手したハードアノダイズド・アルミニウム(アルマイト加工)製品の第2弾。いつもいつもお世話になります。

IMG_0563s.JPG

ちょっと肉厚系で背が低め、テフロンコーティングもされている3-4人用で、1.7L と 2.1L の鍋、蓋、MSRのソレより出来がいいんじゃないかと思えるポットリフターがセットになっています。なかなか丈夫。

同じプリムスのケトルもぴったり入ります。
IMG_0573s.JPG

数人での登山とかツーリングにとっても良さそう。ケトルもそうだけど、なんでイワタニプリムスは輸入しないんだろうな。トランギアのセットとダブるからかな。
posted by Jabbersig at 23:03| Comment(3) | TrackBack(0) | クッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月19日

PRIMUS LITECH コーヒー/ティー・ケトル

海外通販に便乗させてもらって入手したハードアノダイズド・アルミニウム製(アルマイト加工)のケトル。いつもいつもありがとうございます。

トランギアのケトルに比べてちょっと肉厚でしっかりしている、ハンドルが水平、他の国産品みたいにただのアルミ色じゃないところ、注ぎ口に尻漏れ防止加工がされている、などが気に入っている。
IMG_0558s.JPG

容量は充分な 0.9L 。底の直径も大きめで15cmくらいだから、ロッキーカップや極小クッカーで炎が周り込んでハンドルが熱くて持てなくなるようなことにもなりにくい。アルマイト加工だからアルミが黒く変色する現象も起きにくい。素材としてステンより硬く、裸のアルミより5倍も硬いそうだから、凹みにくい。無駄に水を沸かしていることの多い自分には最適なヤカン。
posted by Jabbersig at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | クッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月23日

黒トラ

黒いトランギア(通称・黒トラ)
通常販売されているTR25-6をガンメタにした物です。
海外でも扱っている店が少ない為入手に大変苦労しました。
黒トラ04
黒トラ02

ケトルも付属していました。
カッコイイのですが底部が滑るので使いにくいです。
以前の物は凹みが有ったんだけどな…
ソースパン同様内部にまでノンスティック加工が施されています。
黒トラ01

アルコールバーナーのかわりに
プリムスのガスアダプターも付属してきました。
黒トラ03

27シリーズの販売も待たれます。
posted by u-ichiro at 12:24| Comment(9) | TrackBack(0) | クッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月20日

ミニ・トランギア - 28-5 -

赤い蓋のミニ・トランギア。一人にはちょうど良いサイズでナイスなクッカー。直径15cmのフライパン、0.8Lのソースパン、ハンドル、ストーブ、風防(五徳)がセットになっています。収納時にフライパンの蓋がカパッと固定される仕組みや、簡単だけど考えられているハンドル形状などが、長年販売されている秘訣かな。

他のストーブとの組み合わせだと赤い蓋は滑るけど(使いにくい)、純正五徳だと蓋の窪みがはまって横ズレしません。Clickstandにもジャストフィット。惜しむらくはClickstandが中に収納できないんだよね。
trangia28
posted by Jabbersig at 09:54| Comment(3) | TrackBack(1) | クッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。