2005年08月22日

檜原湖早稲沢浜

仙台在住のnishiさんが近日中に東北を離れるとのことで、東北のメンバーとキャンプで名残りを惜しむと聞いて、迎える側代表?として急遽檜原湖畔の早稲沢浜キャンプ場へ行ってきた。
全員が初めての場所だったので、ベストポジションがイマイチ良くわからなかったし、草が結構伸びていて見た目より快適な場所は少ないみたい。最初に現着した自分がウダウダしていた場所に設営したけど、草の下には石がゴロゴロしてペグが入りにくい場所ですんませんでした。

IMG_1020s.JPG

ここはバス・フィッシングのトーナメント会場にもなるような所で、トーナメント開催日に当たらないようにしないといけないね。でも、カヌーやカヤックを下ろすにはとてもいい。次回行くことがあればボートを持っていって湖上シエスタをやろうっと。
posted by Jabbersig at 21:11| Comment(2) | TrackBack(0) | JabberSigの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月01日

クッカーのハンドル

登山の時の食器、良くあるセットのものは、縁が熱くなるイメージがあったり火に掛けられなかったりするので、今までは専らシェラカップ&ロッキーカップを使ってました。しかしパッキングの時に取っ手が邪魔なことこの上無く、何とかならないかなぁ?と思って考えたのがこのハンドル
handle1.jpg

MSRのライトリフターにショックコードで作った輪っかをタイラップで固定しただけなんですが(笑)
これで握って無くても取っ手はそのまま固定できます。
handle2.jpg
簡単だけどなかなか便利そうで満足。
あとはシェラカップの柄を切り取ってしまえば完成!
こないだお店で見たベルモントのチタン製の取っ手無しカップでも良いかな?

もし何かお奨めのカップがあったら教えて下さい。
軽量で嵩張らない物が良いんですが
posted by KWSKa3i at 23:52| Comment(1) | TrackBack(0) | クッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月23日

新しいVargoのチタンストーブ [ Titanium Triad XE ]

VargoXE.jpg

チタン製品が得意なVargoから、新しいアルコールストーブが出た。名前は Titanium Triad XE 。燃焼部と皿が分離されて、皿だけでも固形燃料と組み合わせて使うこともできる。もちろん皿に少し燃料を垂らしておいてプレヒート的な使い方も可能。

VargoXE2.jpg

重さは42g程度らしい。既存のTriad Titanium Stoveが28gだから5割増しってところか。直径が40cmなんて書いてあるサイトもあるけど、4cmの間違いじゃないかなあ。上に置くストーブ部は既存Triad Stoveより一回り小さくなるのかな。まもなく発売開始されるようだから、興味のある人は通販でGO。

以前からあるVargo Triad Titanium Stoveは、28gで完全一体型。収納時直径/使用時直径は60/85mm。使いやすいストーブではないけどね。
VargoTriad.jpg
posted by Jabbersig at 11:22| Comment(0) | TrackBack(1) | ストーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月20日

稜線のちょっと下で

気持ち良い山のテン場でなるべく楽に行けそうな所・・・
ピークには立てなくても良いから良い景色を満喫してのんびりしたい。
そんな都合の良い場所を求めて時々mossを担いで出掛けてます。

今回は北ア八方尾根をゴンドラで登り、唐松岳山荘直下の幕営地目指してみました。
恒例のザックチェック(笑)
karamatu-DANA.jpgkaramatu-gre.jpg
DANAのブリッジャーと年代物のGREGORYロッククリーク
ブリッジャーはテラプレーンを一回り小さくして背面システムを簡単にしたモデル。縦長のポケットとネットは使いやすいです。ロッククリークはハイドレーション用のシングルポケットが付けられているのだけど、これにはショルダーストラップも付いていて単体でもアタックザックとして使えるスグレモノ!今回も頂上でコーヒーを飲むためにJETBOILをこれで運びました。

ちなみにロッククリークは相当古いみたいで、こんな見たことも無いようなタグが付いてました。karamatu-gretag.jpg

それほどキツク無い登りをフラフラになりながら登り、それでもお昼過ぎには目的地に到着してテントを設営することが出来ました。
karamatu-outlook.jpg

ちょっと下の雪渓に水を汲みに行ったりしながらダラダラ過ごし、夜はキャンドルランタンの優しい灯りでビールを飲んだりしつつ早々に就寝・・・

翌朝は早起きして20分ほど登った唐松岳山頂で日の出を拝む
karamatu-hinode.jpg
相当寒く、熱いコーヒーが美味かった。こういう瞬間のために登っているんだなぁと実感できる瞬間。

下山の途中では雷鳥と出会ったり、綺麗なお花が咲いていたり・・・
karamatu-raityou.jpgkaramatu-ohanabatake.jpg

意外と天気にも恵まれ、満足の行く山行となりました




posted by KWSKa3i at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | フィールドレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月12日

べたべた

最近入手したmossのwingに付いてきたスタッフバッグのベトツキが酷い・・・
今持っている中では勿論最悪で、過去に見た中でも1、2を争う感じ。これと同等なのはバーガンディ時代のolympicのスタッフバッグで見たことがある。

今までは日本の湿気が悪影響を与えて劣化しているのかな?と想像していたが、アメリカにあってもベタツキは発生することが分かった。やっぱ製造年代で生地の質や材料が微妙に違うんだろうな。

ちなみにタープ本体には'93製造のタグが付いてました。訳あって本体と袋が同年代と言う保証も無いんだけど・・・
このスタッフバッグはベタツキ克服の実験台かな(笑)
posted by KWSKa3i at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ウィング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月04日

使ってはいけないSHOP

酷いSHOPに当たってしまったので途中経過だけどご報告を・・・
アメリカのBeyondBikesという自転車関係のサイトなんだけど、注文入れたのが6月15日でその後全く音沙汰なし。WEBでSTATUSを確認してもORDER Confirmedのままずっと変わりなし。痺れを切らして問い合わせのメールを28日に送ると返事は来ないくせに、直後にクレジットカードに課金だけしてやがる!しかも注文から勝手に1つアイテムが削られているし・・・

好意的に取れば催促が来たので送れるものだけ送ってしまい、ステータスを変えていないだけと解釈も出来るけどそれならそろそろ届く筈だし

それにしてもその後の問い合わせにも一切返事が来ないしどうなっているのか?
とりあえずもう二度と使う気は起こらない対応です。
後から分かったことだけど、身近に酷い目にあった人もいたらしい。

カード会社に問い合わせて分かったのは、買い物にプロテクションが掛かっているので課金後1ヶ月待っても到着しない場合は、現地のカード会社を通じて返金や品物の発送等対処してくれるということ。
慣れない英語で全ての交渉をしなくて済むのが分かってちょっと安心
posted by KWSKa3i at 20:30| Comment(2) | TrackBack(0) | KWSKa3iの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月25日

JetBoil の純正五徳

IMG_0596s.JPG

最近はめっきり使うことが減ってしまったJetBoil。速さと便利さはいいんだけど、なんかつまんないんだよね。味と言うか趣きというか。

純正の五徳が出てるんで買ってみた(いっしょに購入してもらいました)。感想は『・・・』。
純正品だけあってフィット感や精度は問題ないんだけど、仕舞うときにバーナーヘッドとガス缶を外して、その隙間に入れるようにしなければ蓋が閉まらない。普段カートリッジを付けっ放しで収納しているから、このひと手間増えてしまうことへの抵抗感がある。それとベースと4本の脚が可動するんだけど、3本は硬く1本はゆるゆる。ゆるくてもバーナーヘッドに乗せると固定される構造だから問題無いけど、工作精度をもう少し上げてもらいたいとも思った。

小さなロッキーカップ、普通サイズのシェラカップは、ギリギリ乗るという感じ。注意しないと五徳からズレ落ちてしまう。JetBoilと普通のクッカーを両方担ぐことは(私は)しないから、小さなカップへの対応をもっと考えておいて欲しかったなあ。

それとこの五徳はスタビライザと抱合せ販売しかない。大きなクッカーを110g缶に乗せる時の不安定感を無くすためなんだろうけど、選択の自由が欲しいよね。
posted by Jabbersig at 09:15| Comment(1) | TrackBack(0) | ストーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月20日

PRIMUS LITECH クッキング・キット

海外通販に便乗させてもらって入手したハードアノダイズド・アルミニウム(アルマイト加工)製品の第2弾。いつもいつもお世話になります。

IMG_0563s.JPG

ちょっと肉厚系で背が低め、テフロンコーティングもされている3-4人用で、1.7L と 2.1L の鍋、蓋、MSRのソレより出来がいいんじゃないかと思えるポットリフターがセットになっています。なかなか丈夫。

同じプリムスのケトルもぴったり入ります。
IMG_0573s.JPG

数人での登山とかツーリングにとっても良さそう。ケトルもそうだけど、なんでイワタニプリムスは輸入しないんだろうな。トランギアのセットとダブるからかな。
posted by Jabbersig at 23:03| Comment(3) | TrackBack(0) | クッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月19日

PRIMUS LITECH コーヒー/ティー・ケトル

海外通販に便乗させてもらって入手したハードアノダイズド・アルミニウム製(アルマイト加工)のケトル。いつもいつもありがとうございます。

トランギアのケトルに比べてちょっと肉厚でしっかりしている、ハンドルが水平、他の国産品みたいにただのアルミ色じゃないところ、注ぎ口に尻漏れ防止加工がされている、などが気に入っている。
IMG_0558s.JPG

容量は充分な 0.9L 。底の直径も大きめで15cmくらいだから、ロッキーカップや極小クッカーで炎が周り込んでハンドルが熱くて持てなくなるようなことにもなりにくい。アルマイト加工だからアルミが黒く変色する現象も起きにくい。素材としてステンより硬く、裸のアルミより5倍も硬いそうだから、凹みにくい。無駄に水を沸かしていることの多い自分には最適なヤカン。
posted by Jabbersig at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | クッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月12日

バックパック用テーブル BPT400

IMG_0547s.JPG

バックパック用の小型超軽量テーブルのBPT400。サイズは 322 x 242 x 84mm、重さ 434g、収納サイズは 320 x 82 x 27mm。軽い物でも800g以上の製品が多いのに、これは半分くらいの重量しかない。少しテーブル面積は小さめだけど、テントの前室に置いたりするには絶妙なサイズ。

IMG_0552s.JPG

組み立ては、3枚の天板を並べて横からコの字型アングルで挟み、ショックコードのゴムで足と合体させるだけ。足は単純に2枚の板をX字型にはめ込む形式だ。バックパッキングや登山でテーブルを持っていくなんてちょっとした贅沢だけど、そんな余裕があるといいなあ。
posted by Jabbersig at 16:51| Comment(3) | TrackBack(0) | ファニチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。